FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ(1)

【1】13、666のホントの意味

13は数多いる神々の中でも上位13の神を表す数字。ギリシャ神話では12神の最後の1人がヘスティアとディオニュソスの2説なので、計13。密教では大日如来は13の仏の形で現れる。仏教では薬師如来と12神将で計13。マヤでは13の天があり、13の神が住むとされてる。

中心と12方位が基で話が作られたと考えると、世界各地で同じ13神になってもおかしくないが、ところがギリシャ神話の基本の12神にはゼウスが入っちゃってるので、中心と12方位が基でできた話じゃないということに。

666が不吉な数字は13を不吉な数字とするホントの意味を隠すための感じ。大嫌いなローマ皇帝ネロ(キリスト教徒を迫害)に結び付けられる数字で目立つ数字を目暗ましで立てた感じ。数多いる神々の中でも上位13の神をまとめて不吉とするのは尋常なことじゃない。

ちなみに世界の敵になりつつある中国の人口は13億人。アジア侵略(嘘)、南京大虐殺(嘘)、20万人慰安婦強制連行(嘘)でなぜか悪者にされようとしてる日本の人口も1億3千万人。

⇒新世界主義は何百年も前から対中国、日本で間の朝鮮を使うことを考えてた感じ。で、両側のターゲットがそれぞれ13億と1億3千万とどっちも13がらみと。

⇒信長、秀吉、家康?は侵略の手段が宗教と拠点作りであることを見抜いてた感じ。

⇒秀吉の朝鮮出兵はその拠点潰し、徳川の鎖国も進入阻止が目的だった。

⇒秀吉はサル、家康はタヌキと動物扱いされてる。嫌いな相手を動物扱いは新世界主義によく見られる傾向。ちなみに天使も羽付けて鳥扱いされてる。聖書に天使の羽に関する記述はなく、教会の誰かも天使に羽はないと言ってるらしい。そもそも全知全能の神なのに羽パタパタさせないと飛べないとか変。

⇒信長は寺院?を焼き打ちしたせいだろう、もっと嫌われてて男色家にされてる。

共産左翼に豊洲を狙われた去年の東京の人口は1300万人。一番最初の環境基準の79倍の数値は1300人に1人に健康上の問題が出る数値。

これらが全部偶然と言うのは、現実逃避と言わざるを得ないレベル。


【2】温暖化

過去の長いスパンでの変化を見ると、気温は明らかに低下傾向にある。科学者のほとんどが温暖化は嘘と分かってると言われる所以。

氷山が溶けるみたいな映像しか出して来ない(大陸氷を溶かすと影響が出る)のもそれを示してる。氷山が溶けても海面は上昇しない。コップの氷が解けても水の高さは変わらないのと同じ。

株は会社価値に直結してる、為替は動かすためにそうそう仕掛けられないで、CO2排出枠価格を変動性にして投資チャンネルを増やしたい感じ。


【3】地獄への道は善意で舗装されている。

イギリス・ドイツの諺らしい。

①悲惨な出来事が善意が発端となってること。

②善意を持っていても実行が伴わないと地獄に落ちる

③人を地獄に落とすために善意で誘き寄せる

などの意味があるらしい。良い行いと思っても、ホントにそうか、独善、偽善でないか確かめた方がいい感じ。


【4】白人対有色人種という虚構

この地球上に白人は存在しない。辞書を引くだけで色が薄いであって白じゃないことが分かるし、学術的にも白人という区分はないらしい。

分断統治。少数派と多数派に分けて少数派であることは危機、多数派は脅威、悪と洗脳、少数派が多数派を攻撃する(逆の場合もある)ように仕向ける。これには罪を避ける狙いもある。

問題は罪を避けても罪を見逃す、罪人と普通に接しただけでも罪になる点。つまり罪を完全に回避するには、罪人を断罪するしか手はないことになる。

分断統治は少数派に多数派を狩らせただけでは罪を見逃す罪が掛かってくるので、最後に少数派を多数派虐殺の罪で断罪するところまで計画に入ってると考えざるを得ない感じ。

とにかく分断統治は厄介。人間のあらゆる違い、差に目を付けて少数派対多数派の対立関係に持ち込もうとする。人種、宗教、貧富の差、思想など、しかもこれらは対立目的に人為的に作られてる可能性すらある。

⇒一般人対地球市民の構図もその例の感じ。


【5】進化論

進化論も、世界のホントの構造隠し、神隠しが目的かも。

進化がホントなら、今この瞬間も進化は進んでるはずで、その辺に途中状態のものがゴロゴロいないとおかしい。

人間の成り立ちの推察から世界のホントの構造の推察へと進まれて、神悪魔の存在へ辿り着かれるのを恐れたとしか思えない。

https://blogs.yahoo.co.jp/sk2012sk/63945740.html


【6】ホロコースト ユダヤ虐殺

ドイツはホロコースト、ユダヤ虐殺を捏造でも受け入れて、永遠の罪人となった。罪人は罰を黙って受けるしかなく、今は移民を無制限に受け入れるという罰を受けてる。そして、ドイツに罰を与えるために周りもとばっちりを受けてるのが現在の欧州の状況。

周りを容赦なく巻き込むのは、新世界主義(日本では共産左翼)の特徴の1つ。新世界主義にすると、人間は皆罪人なので、当たり前と言えば当たり前。

ドイツがボコられてるのは、白人対有色人種の構図の裏切り者だから。

ただ、移民の一番の目的は異物によるアレルギー反応、人間を揉めさせることだから、ドイツの裏切りへの罰を移民を入れる口実に使ってる以外に、移民させるためにドイツを裏切らせた可能性も考える必要があるのかも。これは欧米の植民地政策についても同じ。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。