記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団ストーカー行為が行われる真の目的が判明(一部完全素人的宗教的見地からの考察を含む)関係のメモ



( メモ )



テレビを使った仄めかしは、加害者は被害者への嫌がらせと思ってるが、実は加害者自身に向けられたもの。被害者は嫌がらせに気づくと、間違いなくテレビを見なくなるので。結局、誰が一番影響を受けてるか考えると、数もはるかに多い加害者への影響は被害者とは比べ物にならないほど大きいことが分かる。

精神的ストレスで分泌されるノルアドレナリンは意欲や集中を高める反面、分泌が過剰になると、不安、イライラ、恐怖感、攻撃性などのマイナスの感情を増幅する作用もあるらしい。つまり分泌が過剰になると、神経が高ぶってイライラし易く、落ち着きがなくなって、攻撃性が高くなったり切れ易くなるらしい。

左翼の人間は色々な口実で強いストレスを掛けられている。ノルアドレナリンが精神を攻撃的にする作用があるからと思われる。WGIPのことを考えると、逆に攻撃的人間の作成を考えても不思議じゃない。

集ストのホントの目的はノルアドレナリンを利用して攻撃性の高い人間に変質させることと思われる。加害者は目の前のターゲットしか見えてないが、集ストは世界中で行われてる(無差別殺傷事件は世界中で起きてるので)ことから、その攻撃対象は実は人間全体と考えられる。




日本を慰安婦強制連行、南京大虐殺、太平洋戦争、アジア侵略などで極悪にしたがるのは、日本を意識するだけで強い精神的ストレスを感じてノルアドレナリンが出るようにするためと思われる。中国の金メダリストだったかが、日の丸を見るだけで気分が悪くなると語ったと報道されたことがあるが、これもノルアドレナリンの影響を窺わせる例と思われる。

すると、加害者(左翼の人間)=パブロフの犬、ターゲット(被害者)=同エサ、ターゲットに対する嫌がらせ=同ベル、パブロフの犬の唾液=ノルアドレナリンの関係が作れる。

ターゲットに対する嫌がらせを日常生活に普通にある行動にすると、日常生活に多くの「パブロフの犬のベル」を仕込むことが可能になる。

加害者はターゲットのいない普通の日常生活に置いても、(気づいてないが)ひっきりなしにパブロフの犬のベルを聞かされることになり、これに脳みそが勝手に反応してノルアドレナリンを出すことになる。

前記事で書いたように加害者の日常には数十種類のパブロフの犬のベルが仕込まれている。加害者は朝から晩まで一日中パブロフの犬のベルを聞かされることになり、ノルアドレナリン過剰の精神への影響は計り知れないものになる。





加害者=パブロフの犬、被害者=同エサ、音立てなどの嫌がらせ=同ベル、唾液=脳内麻薬になってるが、社会関係で連結してしまえば、1人が家族、親戚、友人、近所、仕事関係など数十人を人質に取られることになり、マインドコントロールにこれを使う必要はない。脳内麻薬(ノルアドレナリン)を盛る目的は理性=善の心の抑制。加害者の中から強くその傾向を見せる者を選抜することで、最終的に善の心を持たない者を生み出すことが目的と思われる。

⇒多数派の中に、多数派を敵視する少数派を入れる、作るのは、実は善の心を持たない人間を生み出すための子宮の役割をさせるためと思われる。

⇒日本では共産左翼、欧米では移民がその例。

⇒スタンフォード大の監獄実験の日常への応用。日本が監獄、少数派は看守、多数派が囚人。監獄実験効果により、看守のストレスを増大させ、ノルアドレナリン分泌量を増加させ続けることで、最終的に善の心が0の人間を生み出すのが目的。

⇒監獄実験は壁、鉄格子があり、囚人も1人だったが、日常への応用は比べ物にならないほど看守への影響が大きいものになってる。

・壁、鉄格子がないことについては、囚人に囚人と自覚させないことで対応してると思われる。
・囚人の数は応用の方がはるかに多い。壁鉄格子のない状態で囲まれてることは囚人に自覚がなくても看守には大きなストレスとなる。
・監獄実験では役を演じてるだけという自覚はあったはずなのに、予定日数の半分で打ち切りになるほどの異常事態に。これに対して応用は看守はホントに自分は看守、囚人は囚人=悪と思ってる。
・監獄実験では強制力は一本の警棒だけだったが、応用は一般には知られてないのでバレる恐れのない電磁波、超音波兵器。これは看守の攻撃性を高める方向に働くものと思われる。

⇒看守には看守と囚人の自覚があるので、壁、鉄格子のない状態ではるかに多い囚人に囲まれてる状況は強いストレスとなる、また、そうなるように看守には囚人がいかに凶悪か絶え間なく情報が与えられてる、囚人に囚人の自覚がないので、攻撃されてもなんで攻撃されてるか分からないので好きにできる、エスカレートする、攻撃も一般には知られてない技術なので、これも好きにできる、エスカレートするで、日常への応用の方が監獄実験よりもはるかに看守への影響は高いものになってる。




受肉は既存の悪魔が人間の肉体を使ってこの世界に現れることではなく、善の心を持たない人間の死後、その魂を使って新たな悪魔が誕生することと思われる。

⇒悪の心を持たない人間は死後、神の一員となるが、同様に善の心を持たない人間が死後、そのまま悪魔の一員になるかは、手下の新世界主義、その手下の共産左翼などの強烈な排他性を見てると疑わしい。最末端でもあんなに強烈な排他的傾向を見せてるのに、比べ物にならない悪魔が善意0とは言え人間をそのまま一員に加えるとはとても思えない。

⇒そこで思い出すのがキリストが十字架に磔になってる姿。あれは新世界主義の人間が神になった姿。新世界主義は悪魔崇拝なので、彼らが言う神は実は悪魔。なので、善意0の人間は死後、苦痛の杭を打ち込まれ、怒り、恨みを最大限い引き出された上で新たに誕生する悪魔に自我を与えるために使われることになると思われる。これが受肉の真の意味と思われる。


古代エジプトの王は、死後、神になると信じられてたらしい。国が安定すると、周りがすべてを整えることで悪意を抱かずに済む状態になることができたと思われる。ローマの皇帝が羨ましがって、その力の源泉と言われてた石造りの巨大オベリスクを遠路はるばるエジプトからローマまで運ばせたり、貴族が広大な庭園をエジプト風にしたらしいから、噂を耳にした程度じゃない、本気で信じてたことが分かる。


悪意0の人間が神になる話がそんなに広まったのに、その逆、善意0の人間が悪魔になる話がないのは、考えてみると、非常に不自然。


ローマのエジプトブームが下火になったのは、キリスト教の普及が理由らしい。


エジプトの王は最も神に近かった人間で、繰り返し悪者として映画化されるのもそれが理由と思われる。ドル紙幣でピラミッドの先端をちょん切ってプロビデンスの目なるものを置いてるのも、人間と神が接近しないよう監視する意味と思われる。

⇒ピラミッドは墓と言うより、神の使者が人目を避けて王の魂を迎えに降り立つための場所だった感じ。



悪心0、善心0の人間が神悪魔の一員になるとすると、その他の人間は死後どうなるのか?
 
◆50%≦善心<100%の善人

死ぬと、精神は霧散して終わり。バケツの水を海に返す感じ。

◆善心100%(悪心0%)の善人

死ぬと、神の一員になる。そして悪魔側の勢力が看過できないくらいになった時は尖兵として(新米だから)これを討つことになる。

ピラミッドは悪心0で死んだ王を神の使者が人目を避けて迎えに降り立つための場所。プロビデンスの目のホントの意味を真面目に考えた方がいい感じ。

◆0%<善心<50%の悪人

死ぬと、悪魔の成りすましの死神が迎えに来る。そして、直後から精神を霧散させないためと精神を怒り、恨みで満たすことで残ってる善心を消すために苦痛を掛けられることになる。

⇒人間も意識が遠くなると、頬を叩いてキープさせることが。

これがいわゆる地獄に当たると思われる。ただ、地獄と言っても精神だけで体はないので実際に地獄という場所がある訳ではなく、精神に地獄の認識を投影する形になると思われる。

⇒つまり地獄は罪を罰せられる所と言うより、残ってる善心を消すための場所ということになる。苦痛を掛け、怒り恨みで魂を満たすことで残ってた善心を消された上で悪魔に食われることになる。

⇒この過程で自我が崩壊すると思われる。自我があると、一時的に怒りで一杯になっても善悪両存の元の形に戻るが、自我を崩壊させることでそれが戻らなくなると思われる。

⇒精神異常に追い込むのは、精神医療目当て、お金のためと言われてる。しかし、お金が目当てなら、膨大な手間隙掛けるのは変。実際に精神異常にしなくても、周りが口裏合わせて頭おかしいことにして強制的に入院させればいいだけの話。

⇒つまり、ホントの目的はやはり精神を真に追い込む、崩壊させることにあるのは間違いない感じ。怒りが極限に達して精神が崩壊するのが真の目的。

精神はエネルギー体なので、世界の脳みそ的構造、神悪魔と同じ時間尺度になる。問題は自我が残っていること。一番短い等活地獄でも、人間の時間に換算すると、1兆6653億1250万年と長大になると伝わってるのもそのためと思われる。

◆善心0%の悪人

悪心0%の人間が神の一員になるのと同様、善心0%の人間は悪魔の一員になると思われる。

しかし、悪魔の手下の末端の末端、新世界主義者の排他性を見てると、悪魔が善心0とは言え、人間をそのまま一員に加えるとはとても思えない。

そこで、思い浮かぶのが十字架に磔のキリスト像。あれは人間(新世界主義者)が神になった姿。新世界主義は実は悪魔崇拝なので、つまり彼らが言う神は悪魔のこと。

考えられるのは、善心0の人間はそのまま悪魔の一員になるのではなく、苦痛の杭を打ち込まれ、怒り、恨みを最大限に引き出された上で、新たに誕生する悪魔に自我を与えるための核にされるということ。

つまり、受肉は既存の悪魔が人間の体を苗代にこの世界に現れることではなく、善心0の自我が悪魔の肉体を得て新たに一個の悪魔が誕生することと思われる。

この時得る肉体は既存の悪魔の肉体の一部を切り取ったものか、それとも地獄で残っていた善心を消されて純粋に悪だけの塊になった精神が使われるのかは不明。



不思議なことが色々ある。なぜか向こう側は自発的に選択したことにしようとする(本人の認識は関係ない)。驚いたことに向こう側の加害行動は地獄の責め苦に共通する部分がかなりあると思われるなど。加害のホントの目的は、脳内麻薬に加えて、他の人間にやることで、新たな悪魔が誕生して取り込まれるまでの間、同様の責め苦を与えられ続けることを本人が認めたことにすることもあると思われる。

火あぶり(焼く)、縄掛け、針で刺す(ような傷み)、落とす、熱湯に入れる、石を投げる(音を立てるのも同じ)、引き裂く(切り刻む)、ケツ(腸)を攻撃、ウンコやションベンを食わす、集団で虐める、時間を掛けて嬲り殺す…。驚いたことに、これら向こう側の加害行動は、すべて地獄で行われてると言われる(地獄絵図などに見られる)拷問に一致する。

地獄の拷問が多様なのは刺激に変化をつけて効果を落とさないためと思われる。日常に仕掛けられたパブロフの犬のベルも、同じことを続けているとノルアドレナリンの出が落ちるので変化をつけるために数十種類にもなることと一致する。

このことを加害者は知ってるのかが問題。被害者は悪者にされてるので、罰を与える意味なら隠す必要はない、加害者はそのことを知ってるはず。知らなかった場合は他の意味がある可能性が。向こう側の不思議な特性として自発的選択の形にすることがある。他人にやると、自分が他から同じことをやられることを認めたことになるのかも。集ストのホントの目的は、脳内麻薬(ノルアドレナリン)で攻撃性を高めて善の心を減らすことと、それによって新たに誕生した悪魔に取り込まれるその日まで、悪の心を保つために苦痛を与えられることを本人が認めたことにすることかも。



死んだ後、何もしないと残留思念は霧散してしまうと思われる。それを新たに誕生する悪魔に取り込まれるまで維持するために苦痛という刺激が必要と思われる。生きてる時に、気を失いそうになると、頬を叩いて正気を取り戻させることとも一致する。

他の人間にやらせることで、自分が同じことをやられることを認めさせる、自発的選択の形にするのは、神の介入を可能な限り防ぐためと思われる。




日本の場合は日本的地獄の責め苦になると思われるが、あくまで残留思念に投影された認識に過ぎないので、外人の場合は、それぞれに合った地獄的責め苦の認識の投影になると思われる。




無差別殺傷事件は世界中で起きている。なので、集ストも世界中で行われてると思われる。日本と中韓、あるいはアジアとの関係と同じものが世界中で捏造、あるいは無理やり作られ、同様の争いが起こされてる思われる。

http://blogs.yahoo.co.jp/sk2012sk/63706721.html




自然の美しさを考えると、この世界の脳みそ的部分はとても善良な精神の持ち主の感じ。つまり、この世界は善良な世界の感じ。だから、悪魔はすべてが気に入らない、人間の精神、人間の外見、人間関係、家族、社会、歴史、町並み、自然、ランダムな数字などすべてを嫌う、すべてを手下に変えさせようとするのかも。

http://blogs.yahoo.co.jp/sk2012sk/63048355.html



韓国、中国、アメリカなどが執拗に日本を悪者にしようとする理由はこちら。

http://blogs.yahoo.co.jp/sk2012sk/63706721.html




唯一絶対の一神教は注意が必要。信仰の対象を偽物にすり換える事で、本物の神への信仰を100%妨害、無力化が可能。信仰の対象が偽物でそれが悪行とつながっていたら、いくら真面目に信仰しても、いや真面目に信仰すればするほど罪深くなってしまう可能性が。

宗教が争いの火種になる理由はこの辺りにある可能性が。本物の神への信仰を妨害するために、偽物を、悪を拝ませ続けないといけない。偽者は偽物であり続けるために悪行をし続けなければならない。悪行を止めた瞬間、真面目な信者の真面目な信仰は自動的に本物の神への信仰になってしまうので、偽者は偽物であり続けるために、悪行をし続けなければならず、これが人を救うはずの宗教が争いの火種になってる理由かも。




某宗教は、良い行いをしても罪は消えない、神に罪を告白し、心から悔い改めれば許されるという話になってるらしい。良い行いをしても罪は消えないと言うのは、善行を積んで善側に傾かないようにするためかも。善行は対象が信仰する神とは限らないので、100%の妨害、無力化は難しい。100%妨害、無力化するには、善行をさせないこと以外ないからと思われる。

災害時のボランティアなどは善行でないのか? 実はこれも100%の妨害、無力化が可能。ほとんどの人は被災者のためと思ってボランティアに参加してると思われる。しかし身内が割ったガラスを片付けていたのでは善行にはならない、つまり身内が起こした災害の場合、いくら汗を掻いても残念ながら善行にはならない(良くてプラスマイナス0)。ホントの自然災害の場合も、手伝いの対象が身内の被災者だけ、また一般被災者に対する手伝いも布教を目的とすれば妨害、無力化が可能な感じ。

真面目に信仰してる人に善行を積ませないためには、善行をさせない以外に、問題を自ら起こし、それに対処させておけば、妨害、無力化が可能と思われる。




ターゲットを自殺や無差別殺傷に追い込むのは、付き纏いその他で関わった人間すべてに罪を負わせるためと思われる。直接手を下した場合は、例えば、刺殺だと、刺した人間しか罪にならないが、自殺や無差別殺傷に追い込むと、付き纏いなどで関わった人間すべての責任を問える、罪を負わせることができる。集ストは一人の人間に何年にも渡って行われるが、これもできるだけ多くの人間を関わらせるためと思われる。何年にも渡って集ストのターゲットにされて自殺に至った場合、その間に関わった人間の総数がどれくらいになるか(複数回付き纏うと、当然それだけ罪深くなると思われる)考えると、恐ろしく巧妙、効率的であることが分かる。

神悪魔は人間の精神の善悪同様、表裏一体の存在。神悪魔と人間の精神の善悪は通底するものがあるので、罪深さに関しては暗黙の了解以上にはっきり分かるのかも。


自殺や餓死に追いこませるのは、関わった人間全員をアウトにするため。すべてお見通しの悪魔にはどんな言い訳も通用しないし、やはりすべてお見通しの神も救うことはできない。悪魔の巧妙な罠。

⇒神悪魔は人間の精神の善悪同様、表裏一体。悪魔は神の考えが分かるので、神がどうすれば手を出せないかよく分かってる。

⇒そのため悪魔はなんとか人間に罪を犯させようとする。濡れ衣の悪を攻撃すると、攻撃した側は知らないうちに罪を犯すことになる。知らなかった、言われたことをやっただけとの言い訳で、悪魔がはい分かりましたと引き下がるかどうか。まず無理。

⇒でっち上げの悪を攻撃させることで、罪を負わせる。後は、独善、偽善、自作自演で真の善行をさせないことで罪人状態をキープさせる。そして死んだら、悪魔の取り分として回収する。




新世界主義が言う「子供を社会で育てる」は、母親と子供を引き離すのが目的。人間は赤ちゃんの時の母親とのスキンシップで人間に対する共感性を身につけるが、この妨害が目的。

⇒少し前にテレビを使って、子供はあちこち動いて危ないからと犬のようにハーネスでつなぐということを流行らせようとしていたが、犬扱いして喜ぶ以上にスキンシップの妨害が目的だったと思われる。

⇒大衆を貧困化、母親を働きに出させることで子供と引き離す。子供を他人に育てさせるのも、実の子供じゃないと邪険に扱う場合が出てくる、虐待を受けた結果、親や家族というものに反感を持つ人間にするのが目的。

⇒もちろん、別人の子供を育てさせる親にはその子を虐待しろとは言ってない。しかし、子育ては大変で、子供が虐待を受ける可能性が高いことまで計算してるのは間違いない。

⇒新世界主義が補助制度を利用するためと言って形式的に離婚させ、母親と子供だけにするのは、実は監獄実験効果が目的。子育ては大変でそのストレスから母親が子供に当たる。子供のストレスが母親をさらにイラつかせ、さらに子供につらく当たるの繰り返しで、ノルアドレナリンを増加させるのが目的。父親と別居させるのは、ストレスを分散させず母親に集中させるため。




付き纏い時の音立てなどの嫌がらせは、実はパブロフの犬にベルを持たせて、エサ(ターゲット)を見たら、それを鳴らせと言ってあるようなもの。非常に巧妙。



ノルアドレナリンの過剰分泌や他人に育てさせることで人間への共感性を持たない攻撃的な人間を人工的に作る目的は当然人間を攻撃させること。国の多数派が悪者にされて攻撃されてるが、集ストは世界中で行われてるのでつまりは世界の多数派が攻撃されてることに。




付き纏いの時、よくマスクで顔を隠してるが、これも軽い酸欠状態にすることでストレスを高める、ノルアドレナリンの分泌を増すことも目的の感じ。




ディアボロスの聖書でのギリシャ語の意味は偽証者、偽りの告発者なんだとか。相手を堕落させたり、破滅していく様子を眺めてにやにやするのが目的で、殺す事はしない・・・。手下に自殺や無差別殺傷に走るように仕向けさせる・・・。もろ・・・。



聖書には天使の羽についての記述はないらしい。教会の誰かも、天使に羽はないと言ってるらしい。確かに全知全能の神が羽がないと飛べないというのは考えてみると変。

⇒動物扱いして喜ぶのは新世界主義の特徴。天使を鳥扱して喜んでるのかも。

⇒秀吉(キリスト教禁止)の猿、家康(おそらくキリスト教対策で鎖国)の狸もそうかも。アジア人、有色人種も猿扱いされてる。

⇒日本人、韓国人は犬扱いされてる。これは北朝鮮系に完全に支配されてるから。中国人は多さの脅威を煽るため貪欲な豚扱い。

⇒男色利用も新世界主義の特徴。もっと嫌うと、これが出て来る。織田信長の男色の噂は嘘の感じ。信長はキリスト教禁止だけでなく、寺?の焼き打ちまでやったからと思われる。



スポンサーサイト

コメント

No title

経済的、人格権の単位の関係性の妨害や操作をしやすくする工作なんでしょうね。
権威主義的に、個別の件を扱う人物やら背景価値も用意しているわけですね。
正直、ひどいやつらの考えや手段に、考えを及ぼされたと思いますよ。

 現象の記載と心象については、同意します。
若干おこがましいが、そのようなことに関心を持ち、そのようなブログを読んでいるということで、勇気付けたいという意味もあります。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。